スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハイスクールD×D』感想:処女力・童貞力

2012年04月11日 22:10

 前期の『ハイスクールD×D』の感想は皆さんいかがでしたでしょうか?私は結構高評価でした。
 特に男女の関係に関しては特に現代的と感じましたね。2000年代後半のアニメでは『禁書目録』の上条さんに代表されるようなラッキースケベが多かったように思います。すなわち、主人公の性欲は標準あるいは標準以下だが、視聴者サービスのために駆り出されるわけです。一方、本作の主人公兵藤一誠は昨今の主人公にしては珍しく性欲に溢れています。ラッキースケベでなく自分の意志で女子更衣室に突入する主人公は久しぶりじゃないですかね?
 しかし、実際は「ハーレム王に俺はなる!」とか言っときながらリアスの婚約者ライザーが本当のハーレムを作っていると怒り出したり、リアスやアーシアがOK的な態度をとっても恥ずかしがって手を出さない辺り童貞丸出しでした。

 しかしながら、この童貞力こそが一誠がセイクリッドギアを極限まで使いこなせたり、ライザーに勝てたと考えます。リアスが処女であることを3回も念押しした点(最初の処女発言、私の処女をもらって、リアスの処女は俺のものだ!)と新入りの一誠が戦闘のメインとなっていた点を同時に解説するには「悪魔の力は処女力・童貞力によって最大化される」という結論に達します。
 一見無茶苦茶な理論に思えるかもしれませんが、木場、アーシア、小猫ちゃんがサポートに回って一誠をメインに据える理由は性欲の強さか、性行為の有無くらいしか思いつかないんです。そこへリアスが処女という事実が加わり、私はこの理論を確信しています。まず、木場が非童貞なんて何の驚きもないですし、健全な男子高校生があれだけモテれば1人くらい行って当然です。続いてアーシアですが、アーシアは基本的にかなりのおバカさんなので実際に裸の付き合いとか言われて一誠と風呂に入ったり(入ろうと)しましたよね。一誠が童貞力を発揮してスルーされましたが、一誠じゃなければ完全にやってますので、過去にちょっと助けられた男性とかに唆されたり、そもそも教会にいるときのもじじいとかに騙されてやっていたかもしれません(実際に麻原彰晃は修行と称して女性信者とやりたい放題だったらしいですし)。小猫ちゃんも人気があってしかるべきですし彼氏がいてもおかしくないでしょう(CV的な意味でも)。朱乃さんは魔力がかなり強いので、処女か非処女か微妙なところです。M男を飼ってるけど体は許してない程度でしょうか?
 一誠がライザーに勝ったのをチートと思っている方も多いかと思いますが、解き放たれた童貞力を持ってすればやりまくりライザーなんか倒せて当然と言ったところでしょう。レイナーレ(夕麻ちゃん)が急に雑魚に感じたのもヤリマンでもともと魔力が雑魚かったにすぎないのです。

 日本に古来より伝わる「30歳まで童貞なら魔法使いになれる」という言葉は、本当は「童貞なら悪魔になったとき魔力が(努力次第で)最大化される」ということだったのです。時代の中で少し違って伝わってしまったみたいですね。我々は正しく後世に伝えたいものです。



おまけ
 最後に個人的な趣向の話をさせていただくと、Sキャラの女の子が多くて非常に良かったですね。私はSキャラの女性を屈服させたい願望があるので(例:シャナのベルペオル、禁書の麦のん)、リアス、朱乃さん、レイナーレ(夕麻ちゃん)とよりどりみどりで妄想が膨らみました。朱乃さんは完全に私の言うことを聞く様に調教して、リアスの調教を朱乃さんにさせたいですね。レイナーレは【 検閲により削除 】したいですね。

以上、俺の好きなリアスと朱乃さんは当然処女で、別に興味ない小猫ちゃんとアーシアは非処女でいいやという喧嘩売った記事でした。
スポンサーサイト

『パパのいうことを聞きなさい!』感想:小鳥遊美羽の存在意義とは

2012年03月30日 11:25

 『パパのいうことを聞きなさい!』(以下、『パイコキ』)の最終回がありました。結局池袋に戻るなら最初からそうしとけなどと誰しもが突っ込みを入れたくなる展開でしたが、結構子育ての苦労が描かれていたとは思います。三姉妹のうち、ひなはもちろん子育ての大変さを表現するため、空は天然ビッチという、両者とも分かりやすい役割が与えられていたわけですが、それでは美羽の存在意義とは何だったんでしょう?
 美羽は祐太の家に引越した当初こそ、ひなと一緒に壁に落書きをしたりしていましたが、基本的に美羽はできる子として描かれています。できる子というのはマンガやアニメの中ではなかなか厄介な存在でして、できるがゆえにハプニングが起こらないので、作中の話題に繋がらないのです。例えば『ドラえもん』の出木杉は知名度の割に登場回数は今ひとつで『のび太の大魔境』なんかではオープニングにヘビースモーカーズフォレストの話をのび太にしているのに結局アフリカの旅には誘ってもらえませんでしたし、『けいおん!』でも憂ちゃんは結局軽音部には入りませんでした。
 物語をつまらなくする恐れのある「できる子」の美羽の役割とは何だったのでしょう?いっその事ひなと空の2人だけでも物語は成立したのでしょうか?

 結論から言うと、美羽は便所と生理という3人の中でも最も重要な地位を与えられたのです。

 祐太の家に引っ越した当初、4人で住むにあたって女性が便所を使用した後、祐太は1時間使用禁止というルールが真っ先に作られました。このルール、幼いひなと天然ビッチな空では絶対にできていません。飲食店の覆面調査員が必ず便所をチェックするように、便所とは生活空間の基本中の基本であります。便所を描くアニメは良作ということは昨年の『放浪息子』、『戦国乙女』で証明されました。『パイコキ』は『戦国乙女』同様、いきなり生活スタイルが変わるわけですから、スタッフが良作にしようと思えば自然と便所の話が最初に出てくるわけです。この時に空なんかが便所のルールを言い出すと非常に不自然な訳です。(すなわち、美羽の「デリカシーなさすぎ」は実は空のことも指しているわけですね。美羽ちゃん黒い子)

 生理についても同じです。やはり年頃の男女の同居生活をリアルに描くためには女性は生理を知られないようにする必要があります。空が一生懸命隠した所で、天然ビッチなので祐太に速攻で見つかります。そこで、年齢的には5年生でまだ早いながらも美羽に生理が来ている必要があった訳です。当初、『シンシアニメ』第2号で書いた初潮確率論の式では、美羽が生理来ている確率は10%くらいしかなく、佐古先輩が空はおばさんで美羽は天使扱いしていたこともあり生理来ていないと思っていました(少し話が逸れますが、美羽が生理来ていたため、佐古先輩の天使は生理基準ではなく年齢基準のようです)。しかし、便所問題同様、空は年上の分、生理自体を隠すことはできても、物的証拠(生理用品)を隠せないので、美羽も生理来ている必要があったわけです。

 そんな美羽がラストシーンでこれまで見せたことのない満面の笑みを放尿の瞬間に見せたとき、美羽はトイレの女神様であると確信いたしました。『パイコキ』という作品の中で最も重要なキャラクターだったのは言うまでもありません。だからオープニングが声優3人ではなくキタエリオンリーだったんですね。
 それにしても便所はまだしも、5年生で早くも生理が来ていることをここまで論理的に持ってきたスタッフには脱帽です。空の天然ビッチもたまには役立つようですね。もう『シンシアニメ』3号の表紙は美羽しか考えられません。

 以上、「『パイコキ』では美羽一択だろJK、ひなとかありえん。」のステマでした。
放尿中の美羽


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。