スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このライトノベルがすごい!2012予想

2011年10月11日 23:59

 最萌の予想がちょっと当たってきたので、調子に乗って『このライトノベルがすごい!2012』の順位予想もしてみます。


予想の前に去年の考察
 前年度1位はとある魔術の禁書目録でしたが、その得票は非常に不自然でした。このラノのアンケートは一部のゲスト(協力者)以外は1位~5位までを挙げ、順に5,4,3,2,1点が与えられます(協力者は10,9,8,7,6点)。つまり、大体の作品は点数を票で割ると3点前後になります。しかし、前年度の禁書目録はその値が4.33と明らかに不自然です。おそらく、1位に禁書目録を挙げ、2~5位を空白にする祭が開催されたと思われます。従って前年度の順位は禁書目録は5点票を何票か引いて比をできるだけ他作品と合わせる必要があると考えます。高く見積もっても863点261票3.31程度、低く見積もるなら713点231票3.09程度であり、不正(と思われる)票が370~400くらいあるということです。従って私は前年度の禁書目録を5位程度とみなして話をします。

このライトノベルがすごい!2011順位と点数・得票比
順位 点 票 比  作品名
*1 2731 631 4.33 とある魔術の禁書目録
*2 1005 307 3.27 僕は友達が少ない
*3 *992 336 2.95 バカとテストと召喚獣
*4 *917 254 3.61 ソードアート・オンライン
*5 *810 196 4.13 ベン・トー
*6 *713 213 3.35 文学少女
*7 *624 208 3.00 生徒会の一存
*8 *600 201 2.99 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
*9 *592 188 3.15 デュラララ!!
10 *581 163 3.56 神様のメモ帳


 今年の予想です。
*1 僕は友達が少ない
*2 涼宮ハルヒシリーズ
*3 ソードアート・オンライン
*4 バカとテストと召喚獣
*5 ベン・トー
*6 ロウきゅーぶ!
*7 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
*8 神様のメモ帳
*9 とある魔術の禁書目録
10 変態王子と笑わない猫。
・はがないの1位は私の中では堅い。
・ハルヒはちょっと高すぎると自分でも思ってますが、ここ数年のこのラノは「これから流行りそうなラノベ」ではなく、既に有名な作品ばかりランクインする傾向がある&有力作品が乱立している分、初心者層がこぞってハルヒに入れると予想しました。毎年期間内刊行がないのに票を獲り続けてましたし。
・SAOは私は読んでいないのですが、周りの反応を見るかぎりかなり人気で、あまり順位を落とすように思えませんでした。
・バカテスは私はマンネリ化が気になっているので今年は投票していませんが、世間では根強い人気を感じます。アニメ化効果もあり今年はまだ4位に踏ん張れると予想しました。
・5~8位はアニメ効果が期待される作品。
・禁書目録をここまで低く予想した人は私くらいじゃないですかね。ネットを見てもだいたいの人が3位以内ですからね。
・10位は私のイメージではこれから有名になる作品のトップという感じ。おそらく新興勢力では変態王子が強いのではないか。
 7つも前年と同じ予想ですが、一応理由があります。今年からホームページ、協力者、モニターのバランスを保つと宣言されていたので、おそらくモニターの票は意外と重要です。このモニターというのが非常に懐古主義というか保守的で、前年もモニター4位にキノ、5位にシャナが入ったりするくらいです。売れている作品が上位という前年からの流れは止められないと思います。

 10作品では到底足りないので、11位から20位に入りそうな作品も予想します。
11 電波女と青春男
12 生徒会の一存
13 さくら荘のペットな彼女
14 ゴールデンタイム
15 デュラララ!!
16 ココロコネクト
17 境界線上のホライゾン
18 緋弾のアリア
19 灼眼のシャナ
20 僕の妹は漢字が読める
・さくら荘とココロコネクトは前年も人気でしたが、今年の上位陣は不動な感が強いのでほぼ横ばい。
・私も含め竹宮ゆゆこファンは相当根強いので、まだ3巻しか出ていないとは言えゴールデンタイムは20位には確実に入る。
・ホライゾンはアニメ化しましたが、あの厚さは新規に読む人が少なそうなので横ばい。
・アニメ化組では前年度26位のアリアはアニメもそこそこだったので多少の順位アップが出来る。
・漢字が読めるはお遊びというか冒険をちょっとしてみました。既存のラノベにはないので若干票は入るかも。
と予想しました。


 突然ですが、今回はRYOさんとのコラボ企画なんですよ。という訳で彼の日記を(長かったので)一部転載(彼はブログでなくmixiなので)。

――――ここから――――
乾坤一擲予想
■1:このライトノベルがすごい!2012 トップ10予想(順位込み)
1位 僕は友達が少ない
2位 とある魔術の禁書目録
3位 IS<インフィニット・ストラトス>
4位 バカとテストと召喚獣
5位 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
6位 神様のメモ帳
7位 ベン・トー
8位 さくら荘のペットな彼女
9位 変態王子と笑わない猫。
10位 生徒会の一存

トップ10には7作品が残留という保守的な予想になりました。頑張ったところは、禁書を1位から外したところ、ISの大躍進予想、変態王子のトップ10入りです。ピンとくる方はピンとくるかもしれませんが、MF文庫J推し。


■2:このライトノベルがすごい!2012 上位10作品全部当てるまで帰れま10
7であげた作品でトップ10網羅はできないでしょうから、以下の順で宣言
※これらは11~20位予想というわけではないです

1:ソードアート・オンライン
2:涼宮ハルヒシリーズ
3:電波女と青春男
4:ココロコネクト
5:ロウきゅーぶ!
6:文学少女
7:アクセルワールド
8:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
9:緋弾のアリア
10:デュラララ!!

突然出てきた『みーまー』は完結効果での順位UPが怖かった。『緋弾のアリア』も万が一のジャンプアップ警戒。

■3:個別順位予想
◇涼宮ハルヒシリーズ:12位くらい
 トップ10入りの可能性もあると言ったけど、個人的にはこれくらいにつけたら上出来かなという感じ
◇ヒカルが地球にいたころ…:15位くらい
 文学少女のタッグの新作。刊行されて日が浅いですが、文学少女からの期間が短かったのでファンがそのまま移行しやすいと予想。
◇ゴールデンタイム:18位くらい
 昨年の新作で全体67位だったけど、9月刊なので実質的には今年度の新作に近い。来年度に伸びしろを残すという意味もこめてこの位置に。作品の出来はとても良いんだけど、舞台が大学なのでラノベ読者の大半を占める中高生が感情移入しにくいのではないかという懸念もある。大学のサークルの強引な新勧の描写とかスゲーわかるんだけどね。
――――ここまで――――

2人の予想で大きく違うところは・・・
・ハルヒ や:2位 R:12位
・SAO や:3位 R:11位以下
・ロウきゅーぶ! や:6位 R:11位以下
・禁書目録 や:9位 R:2位
・IS や:21位以下 R:3位
こんな感じですね。RYOさん、(他は誤差みたいなもんなので)この5作品の予想の近さで勝敗着けませんか?(5つ中3つ相手より近ければ勝ち)
とにかくISが何位なのかが注目ですね。
スポンサーサイト

『このライトノベルがすごい!2012』のアンケートが始まっています。

2011年09月05日 23:44

 以前、『神様のメモ帳』で原作厨っぷりを見せたとおり、私はそれなりにライトノベルを読みます。ラノベ原作のアニメを見てもわざわざ読むこともあります。基本的な理由は原作→アニメ化がほとんどなので(一応アニメからノベライズ化もあるのでこういう表現です)、情報量の差からどうしてもアニメでは削られてしまう箇所が存在していると感じているからです。『狼と香辛料』くらいゆっくりなペース(アニメ1クールに対して原作2巻)でアニメも進行させれば良いと私は思っているのですが、ほとんどアニメはそれより速いペースですね。

 その話は置いておいて、毎年恒例の『このライトノベルがすごい!』のアンケートが今月1日から始まっているようです。作品5作、キャラクター男女各3人、イラストレーター3人に投票することができます。私は5年ほど毎年購入していて、ちょいちょいコメントも載っていたりします。今年も投票するので、紹介がてら自分の意見をまとめてみようかと思います。


作品部門
・『神様のメモ帳』
・『さくら荘のペットな彼女』
・『ゴールデンタイム』
・『狼と香辛料』
・?
 『神様のメモ帳』は薬やヤクザを描いていたり、なかなか他作品にはない、若干現実味のある暗さがいいと思っていますので、絶対入れます。『さくら荘』と『ゴールデンタイム』は純粋に「これから多くの人に読んでもらいたい作品」。最近はライトノベルも乱立気味で、知名度もアニメに依存している部分があると思うのですが、私は『このラノ』に関してはできるだけアニメの後追いではない投票をしたいと思っているからです。なので、すでにアニメ化したり評価されているものをあまり入れる気がありません(ex俺妹、はがない、バカテス・・・)。『狼と香辛料』は例外。最終巻が出ましたが、ただ最終巻なだけでは投票しません。それくらい素晴らしい終わり方でしたから。あと1つは未定、どうするか・・・

男性キャラクター部門
・藤島鳴海(『神様のメモ帳』)
・?
・?
女性キャラクター部門
・柏崎星奈(『僕は友達が少ない』)
・青山七海(『さくら荘のペットな彼女』)
・黒猫(『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』)
 男性部門は悩みまくり。女性はビリビリとかシャナとかホロとかも大好きですが、「2012」を考える場合は好みに加え時期も考える必要があると思うので、こんな感じになるでしょうか? 黒猫でもちょっと古いくらいか? 見事にツンデレばかりですが、ツンデレなら誰でもいいわけではないです。端的に言うと「シャナは好きだけどルイズはそんなに」「ヒナギクは好きだけどナギはそんなに」「黒猫は好きだけど桐乃はそんなに」って感じですね。わからない人は勉強しなおしてください。

イラストレーター部門
・溝口ケージさん
・駒都えーじさん
・岸田メルさん
 ここも既に過去の『このラノ』で1位や特集が組まれた人を除いて3人好みの方を選びました。


最後に本家へのリンクを貼っておきます。

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。