スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメキャラの学校は1段階引き上げるべき

2012年07月28日 17:09

 世の中の小中高校は夏休みに入りましたね。私もなんか最近体調がすぐれないと感じていたのですが、毎日通勤で中学校の前を通っているのに夏休みに入ってしまったので毎朝JCからエナジーを吸収できていないことが原因と判明したので早く9月になってほしいものです。


 さて、本日は学校やアニメキャラの年齢のお話です。今期は大人の女性が活躍しているという感じがしております。
 『人類は衰退しました』の主人公、最強の中原ボイスの「わたし」は学校を卒業した社会人(公務員)ですし、『じょしらく』はみんな落研ではなく職業落語家で、ビールを飲むシーンもありみんな成人女性です(一応きぐちゃんはビール飲んでなかったので未成年の可能性もありますが、あのキャラは5人の中で最年長な気がしてなりません)。さらに、何と言っても『夏雪ランデブー』の六花ちゃんはなんと30歳です。あとは、時代が違うので年齢は分かりませんが、『超訳百人一首』に至っては即座にベッドシーンが現れるなどこちらも大人なアニメとなってますね。
 もちろん過去に遡れば大人がメインで活躍する作品もたくさんあるでしょうが、オタクが見るようないわゆる深夜アニメのイメージとしては中高生が主人公でその周りに大人がいるという感覚が強かったです。ぱっと思いついたところでは『とらドラ!』のゆりちゃんや『アマガミ』の高橋先生といった先生キャラや『花咲くいろは』の巴さんとかですね。


 なぜ今まであまり成人女性が活躍するアニメがあまり多くなかったのかと考えた時に、アニメ中の高校生キャラは全体的に精神年齢というか中身は20歳前後くらいなのではないかという結論が出てきました。特に今期アニメで言うと『氷菓』ですね。
 現在カンヤ祭絶賛開催中の『氷菓』ですが、あの文化祭はどこから見ても大学の学園祭ですね。文化祭の期間が3日間もある、クラスの出し物より部活の出し物が多い、現金での売買が行われている、食べ物の扱いがフリーといった点がそうですね(私の高校の時は1日のみで、金券制度がしかれ、飲食やりたいところは家庭科室で調理して各教室まで運ばないとダメでしたね)。
 もちろん、現実の高校の文化祭を忠実にしたところで地味なのはもちろん分かっています。それならば登場人物を大学生にしてくれと思ってしまうわけです。アニメを見ていても、古典部4人を高校生、しかも高校1年生とみなすことはできないんですよね。みんな高1とは思えぬハイスペックですしね(クイズをかじった人間としてはさとしは一刻も早くクイズ研究会に入って全国めざして欲しいです)。

 日本人の“高校生”というものに対するあこがれが想像以上に根強いと感じました。「箸が転がっても可笑しい」とはよく言ったものですが、アニメのスタッフは全員大人なわけで、なかなか生の高校生の姿を投影できていない気がします。逆に言うと、そこを的確に表現できれば名作になれると言えるかもしれませんが、アニメ放送本数が多く、淘汰されるこの時代、しっかり大人を描くことが必要な時期が着ているんじゃないかなーと思っております。その点で、やはり『じょしらく』が落語部や落語研究会でなく、職業落語家なのは意義が大きいと感じています。
 
 私はアニメキャラが中学生なら実態は高校生、高校生なら実態は大学生と思いながらアニメを見ているので、そのギャップが埋まる日が来ればいいなと思いながらアニメを見ております。
スポンサーサイト

『シャイニング・ハーツ』とは一体何だったのか?

2012年07月22日 11:34

2011年に『Rio RainbowGate!』という至高のクソアニメが放送されてわずか1年。
まさか今年もRio級のアニメが放送されるなんて一体誰が想像したでしょうか。
そのアニメの名は『シャイニング・ハーツ~幸せのパン~』

シャイニング・ハーツのすごさについてまとめようとしました。


1.オープニングで最初に映し出されるものが「原作 SEGA」という究極の出オチ。
 原作の制作会社を出しただけで笑いをとれるのはSEGAだけでしょう。まさに、ファミコンの発売日(1983年7月15日)に家庭用ゲーム機デビューを果たした会社としても出オチのSEGAを体現していると言えるでしょう。

2.クソアニの特徴を見事に踏襲
 クソアニにありがちなこととして、①作画は綺麗②声優は豪華は基本としてしっかり抑えています。そしてそれらを全く活かせていません(だからこそ至高のクソアニになったわけですが)。そして③視聴者が置いてけぼりになっていますね。

2-1 作画は綺麗
 後述する内容の酷さというか無さから、『シャイニング・ハーツ』はTony絵を見るためのアニメなどと言われることがありますが、Tony絵を見るためだけでなく、キャラクターの表情の乏しさにはグッと来るものがあるでしょう。

2-2 声優は豪華
 声優の無駄な豪華さといえば、釘宮の使い古し第1号を語らない訳にはいきません。私とPeaceさんで行ったシャナ・ゼロ魔座談会(『シンシアニメ』第3号収録)で、釘宮は『シャナ』『ゼロ魔』のファイナルを経て、釘宮2.0へと進化したという話が出てきます。釘宮2.0へ進化後初のクールである2012年春に、どの作品よりも真っ先に釘宮1.0を使い古したのが『シャイニング・ハーツ』です。具体的に言うと、今や釘宮=ツンデレキャラではないと言うのが我々の認識ですが、『シャイニング・ハーツ』で登場したメルティはベッタベタなツンデレキャラで、もう釘宮の出る時代じゃないんですが……という感じです。数字で言うと大体4,5年遅れています。

2-3 視聴者が置いてけぼり
 2-1、2-2は至高とまではいかない標準のクソアニにもあることですが、視聴者置いてけぼりのレベルは群を抜いています。もしかしたら『Rio』以上かもしれません。毎週ちゃんと見ているにも関わらず、毎週のように「あれっ、俺1回飛ばしてしまったっけ?」となりますし、そうこうしている間になぜかリックに羽が生えて最終回を迎えていました。

3.総選挙をはじめとするヒロイン問題
 私はゲームをやる人種ではないので、原作のことはよく知らなかったのですが、ゲーム版のホームページを見ると、メインヒロイン3人(以下、3人娘)が全員CV伊藤かな恵なんですよね。その時は伊藤かな恵ちゃんが好きな私でも思わず「どういうことなの……」と口にしてしまいました。3人のうち1人をゲーム開始時に選ぶと他の2人は出てこないというギャルゲーとしては非常に斬新な発想で、私がついて行けなかっただけかと思っていました。しかし、後日wikipediaを眺めていると……

※物語冒頭で3人(アミル・ネリス・エアリィ)のうちから1人選ぶ。選ばれなかった2人は物語に登場しない。性格は3人とも共通。
(wikipedia「シャイニング・ハーツ」アミル・マナフレアの項より引用)

CVだけでなく、性格も同じだと!? 3人娘はそれぞれ取って付けたようなキャラしてるなぁと思っていましたが、3人のうち2人の性格は本当に取って付けたんです。3人ヒロインがいて、うち1人がエアヒロインになることはあっても、3人ともエアヒロイン化してシャオメイとかローナが脚光を浴びるのはそういうことだったわけです。
 出番はなくとも3人は看板娘なので、まさかの「総選挙免除」だったわけですし。通常免除とは、強すぎて勝負にならないから行うものですが、3人娘に関してはガチで誰か6位に入れないキャラが出てくる可能性が高いから免除にしてますよね。結果の捏造よりはマシですが、逃げの免除です。しかも、3人娘免除を理解していなくて「3人娘3位以内に1人も入ってないとかww」という発言がツイッターに10件以上確認されたのもやはり『シャイニング・ハーツ』らしい総選挙だったと言えるでしょう。

 ちょっと宣伝。総選挙が不満に感じたそこのアナタ! コミックマーケット82のシンシアニメブース(1日目東ニ-44a)で『シャイニング・ハーツ』の<真の>総選挙をやる予定ですので、お立ち寄りの際はぜひ投票ください。アナタが投票したくでもできなかった、マデラやハンクや医者の先生なんかにも投票できますよ。



 案の定まとめることは不可能でしたが、以上です。『Rio』の放送当時、Rio級はもう現れないのではないかと思っていたものですが、わずか1年で『シャイニング・ハーツ』が登場したことにより、『Rio』『シャイニング・ハーツ』に続く、第3の至高のクソアニの登場が夢ではなくなってしまったように思います。夢は夢だからいいはずなんですが……

今日も日本は平和です

2012年07月16日 22:40

 なんかコメントが荒れ始めたので当該記事を削除し、見れないようにしました。(最初は「下書きに変更」でしたが、荒れるリスクを抱えて復活させる意味はないと思い削除しました)
 荒らしとしか思えない異常に長いコメントをして来た人がいて、さらに消した瞬間にもう一度同じ内容を書き込んできたための措置です。

 自分たちの意見を主張したいのに、荒らしとしか受け取れないようなコメントを書き込むとか完全に逆効果と思います。
 私と違う意見なら「私はあなたと違ってこういう意見を持っています。宜しければ試してみてください」というスタンスが必要でしょう。そういう意見の交流によって様々な発見があるはずなのに、もったいないですね。

『ヨルムンガンド』と『咲-Saki-』の関係性:生理とパンツ履いてない問題

2012年07月14日 21:07

 今年の春アニメはいかがでしたでしょうか。一言で表すならば「レベルが高くて平均点が低い」でしょうか。特に面白かったものだけでも『謎の彼女X』『うぽって!!』『黄昏乙女×アムネジア』『さんかれあ』『モーレツ宇宙海賊』『ヨルムンガンド』『咲-Saki-阿知賀編』『氷菓』『戦国コレクション』などが挙げられます。

 そんな中でも私は『ヨルムンガンド』を結構気に入ってます。武器商人という決してほめられる職業でない人たちが主人公なのについつい応援してしまいました。武器商人への支払いを麻薬でやろうとした連中がやられたり、クソ軍人が荒野に一人取り残されたりするシーンはスカッとしますし、あんだけ武器を売りまくっているココが「世界平和」と口にしたのはすごく重みがありましたね。あらゆる意味で(エロでない)大人のアニメだと思いました。
 どうしても殺し合いの世界のため、ココとバルメだけでは登場人物が男ばかりになってしまうところもしっかりカバーされていて、男ばかりやなぁとこっちが思う良いタイミングでチナツとかショコラーデとかリリアーヌとか出てくるのも良かったです。(特に小清水信者の私としてはショコラーデは小清水の良さが全面に出ていたと思います)

 前置きはこれくらいにして、生理の話に移ります。『ヨルムンガンド』でずっと気になっていたのが、なぜココは白い服を着ているのか? ということです。チームのリーダーで自分は戦闘に参加しないので、迷彩服のような地味な服は着ずにスーツを着る。ここまでは分かります。しかしなぜ白が多いのか? ココは肌も白ければ、髪まで白く、スーツまで白いと全身真っ白になってしまいます。ここでティンときました。自ら戦闘に参加せずとも、そばにいるので出血したり、敵の返り血も浴びることもあるでしょう。それに備えているのです。つまり、ココは生理用品の象徴というわけです。私はアニメキャラも情報として省略されているだけで毎月生理が来ていると思っています。つまり、わざわざ生理用品的なスタイルにするということは、もう一人の女子、バルメの生理が危ないというわけですね。そもそも、あの筋肉を維持するには相当の運動が必要で、実際に入院中にも腕立て伏せとかして看護婦さんが発狂していましたし。あの巨乳だけが問題(巨乳=女性ホルモン多い=生理はもちろんある)だったのですが、小鳥遊さんの「バルメは間違いなく豊胸手術している」の一言で全てが解決しました。

 もう1つ、チナツがパンツ履いてないシーンがありましたが、ココになんでパンツ履いてない? と聞かれ、初仕事の時に川を渡って濡れた下着を捨てて仕事をしたら弾の命中が良かったと答えました。その瞬間私の体に電流が走りました!

そうか!
女の子はパンツを脱ぐと集中力があがるのか!


 つまり、『咲-Saki-』でパンツ履いてないのは、麻雀に集中するためで、全国大会ともなれば履いてないのが当たり前となるわけです。そもそも、咲ちゃんが、靴と靴下を脱ぐ描写があったのになぜ今まで気づかなかったのか恥じるばかりです。
 さらに、私は以前から、閉経のことを「生理があがる」というので、今後あがりまくるキャラが登場すればそのキャラは閉経してるという説を唱えていました。実際に『阿知賀編』では照お姉ちゃんがあがりまくるキャラでしたね。女性の生理は1ヶ月の周期に対して5~7日と結構な割合を占めますので、対局当日に確実にパンツを履かないためには閉経している方が有利というわけになります。おそらく、

・県予選レベル:生理周期を気にしてない連中ばかり。
・全国レベル:生理周期を調節して対局が生理日と被らないようにしている。
・怪物レベル:いつ対局しても大丈夫なように閉経している。あるいは未初潮、妊娠中。

こんな感じです。赤土さんがボロ負けしたのも、調節ミスで生理が来ていてパンツが脱げなかったからです。準決勝ともなると、1回戦から結構な日数が経ってますから、調節しきれなかったのも仕方ないと言えるでしょう。未初潮は衣ですね。何と言っても「最後の最後で月のものが来る」わけですから、未初潮で、1回だけ生理が来た後閉経します。

 『うぽって!!』の銃が『ヨルムンガンド』で売られているというタイミングを語る人が多いですが、私は『ヨルムンガンド』と『咲-Saki-阿知賀編』が同時に放送されたことに運命を感じずにはいられません。

以上です。『さんかれあ』のれあちゃんが閉経系ヒロインで騒いでいましたが、今期はさらにバルメと照お姉ちゃんで、稀にみる豊作となりました。今年は「閉経系ヒロイン」がトレンドになっていると言わざるを得ません。


補足:デリケートゾーンに何も身につけないことで集中力があがるので、パンツを履かずに身につけれる生理用品を使う意味はありません。

【宣伝】コミックマーケット82参加

2012年07月14日 20:07

 お久しぶりです。今夏のコミックマーケット82にも以前と同様、私は「シンシアニメ」の一員として参加します。公式アナウンスはまだですが、ちょっとだけ宣伝を。シンシアニメ第3号は……

・新人さんが5人+イラスト1人の6人も。
・ついにシュクジョ参戦。
・ページ数は前回を遥かに上回る約130ページ。
・もちろん内容のレベルも一層シンシ的に。

といった感じでお送りします。今回も相変わらずのテーマで皆さん書いていまして、特に後半が「香り」「亀頭」「亀頭」「包茎」「排泄」「生理」という畳み掛けです。ちなみにこの「生理」は私ではないです。私は今回は「処女・童貞」をテーマに書いたのと、Peaceさんとのシャナゼロ魔座談会の2本を寄稿しました。前者は以前の『ハイスクールD×D』の記事を膨らませた感じですね。後者は、『シャナ』『ゼロ魔』のアニメファイナルが同時に放送されたのに誰も語っていないので自分たちでやるしか無いということでPeaceさんとやったものです。キャラに似合わず真面目な対談になってしまっているのが心配ですが。

 とにかく買って損はさせませんので、ぜひ「1日目東ニ-44a」でお待ちしております!(前回の2日目から配置変更されましたのでご注意ください。)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。