スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマプリ 七色ヶ丘の実態2

2012年08月17日 15:41

 自分でもまさかの続きが書かれることになりました。1はこちら

 1で、七色ヶ丘が西成みたいという話をしました。その時の話題は低学力、七色ヶ丘という名称、新世界の雰囲気が平気というお話でした。代名詞とも言える生活保護(区民受給率約23%)の描写が無いものかと毎週日曜日にスマプリを注視していたわけですが、ありましたね。
 最初はネタで、やよいちゃんあざといから生活保護不正受給してるでなどと言ってました。結論から言うと、やよいちゃんの家は生活保護をもらっていた可能性が高いです。

 第25話「夏だ!海だ!あかねとなおの意地っ張り対決!! 」はかなり異質な構成になっていたと思います。なぜなら、みゆきとあかねちゃんがお好み焼き、なおちゃんとれいかさんがかき氷を売っている間、やよいちゃんは優雅に遊んでいる描写があったからです。やよいちゃんはあかねちゃんやなおちゃんに手伝ってと頼まれたわけではなく、たまたま海に来ただけとはいえ、2人と3人になったとしてもどちらかの陣営に付けば良かったと思います。それをしなかったのはやはりやよいちゃんには「労働」というものを素直に受け入れられていないのではないかと感じました。母子家庭のやよいちゃんにとって、労働はお母さんを家から遠ざけてしまう憎むべきものだからです。「お母さんも仕事してるし私もがんばろう」とはならず純粋に労働を嫌ってしまっているのは生活保護を知っているからではないかと思います。
 まとめますと、やよいちゃんのお父さんが死んでからお母さんが今の仕事を見つけるまでの一定期間やよいちゃんの家は生活保護をもらっていた可能性があります。その頃はいつも家にいたお母さんが仕事をしだして(=生活保護を貰わなくなって)からは家にいなくて、やよいちゃんの中では「仕事しなくても生活保護貰えばいいじゃん」という発想が芽生えてしまっています。だからこそ第25話ではどちらの店も手伝わず遊んでいたと思いました。
 全体的にやよいちゃんは正義のヒーローにも関わらず、運動も苦手だし、引っ込み思案なところがあります。やよいちゃんを無理やりお好み焼き屋の労働に駆り出すこともできたでしょうが、やよいちゃんが自分でその答えにたどり着かなければならないのです。今後彼女の成長にぜひ期待したいところです。


 また、翌週放送された第26話「夏祭り!夜空に咲く大きな大きな花! 」ではれいかさんがどう見ても極道の妻で、れいかさんが常日頃から連呼していた「道」は極道ということが判明しました。七色ヶ丘西成論ではれいかさんの家が豪邸なのが西成に似つかわしくなく疑問だったのですが、極道ならむしろ似合っていますね。
 れいかさんのじいさんは出番は少ないながらも頭のよさそうな人物だったので、昨今、極道の人間が生きづらい世の中であり、時代の終わりを察しているでしょう。従って、れいかさんやお兄さんが世の中に出た時に馬鹿にされないように厳しくしつけているのではと感じました。


 さて、「人間は平等」や「差別をなくそう」などというフレーズは当たり前のこととされています。しかし、本当に実践できている人はどれくらいいるでしょうか? 絆と言いつつ、震災瓦礫を受け入れない姿勢は日本人らしい口だけの姿勢がにじみ出ていると思います。例えばれいかさんと結婚したいとお思いのあなたが、れいかさんの家が極道と知った場合、それでも彼女を愛せるでしょうか?
 おそらくみゆきは絶対にそのような差別感情は全く持ち合わせていないでしょう。だからこそスマプリの主人公たりえるのではないかと感じています。
スポンサーサイト

コミケ82参戦記

2012年08月15日 21:00

 コミックマーケット82お疲れ様でした! 『シンシアニメ』ご購入の皆様本当にありがとうございます。私の文章は処女・童貞論は書きながら自分でも試行錯誤の部分があり、読める人が読めば論として微妙となっています。それでも「バッカじゃねーの」というお褒めの言葉をいただいたりしているので、楽しんでいただければ幸いです。シャナゼロ魔対談は誰も言っていないけど重要な所を指摘できている自信作ですが、いかんせん『シャナ』と『ゼロ魔』のファイナルを見ていた人がいないという…


 いつも到着予定時刻より早く着くのがデフォルトの夜行バスが1時間遅刻し、サークル入場がギリギリになるという幸先の良いスタートで始まったコミケ1日目。朝から売り子→買い物→売り子のスケジュール。これまでの2日目から1日目に変わり、ひと通りも違う感じが出てましたね。そのせいか女性の購入者がそこそこいた気がします。
 今回も(おそらく)たまたま通りがかって立ち読みして、我々のことを「ジェントルマン」と讃えてくださった方がいまして、そういう人が居る限り原稿を書いていこうという励みになります。
 普段なかなかお会いできないMSI研究会のメンバーなどの関東組と合流した飲み会では、私だけが理系ということもあってか、私のアニメの見方、特にリアリティを追求する姿勢がかなり珍しくて、「それはアニメに求めなくていいでしょ」「でも、その姿勢は貫いて欲しい」という時間差ゼロのツンデレ攻撃を受けてどうリアクション取ればいいか分かりませんでした。もう1つ、「細かい描写から読み取るのが好きだよね」とも指摘されて全くその通りでした。
 ホテルに帰ってから、なぜそんな見方をするようになったのかを考えてみると、おそらく一時二次創作をやっていたのが影響ではないかと思いました。二次創作は僅かな元ネタを取り入れたりすることが多いので、その影響かなと思います。

 東方やボカロに興味のない私は勇気を持って2日目を休日に。前から行きたかった富士メガネさん(関東・東北・北海道にしか店舗がない)でメガネを新調しました。今回のコミケで最大の出費です。メガネかけ始めて15年経つのに未だ経験のない検査とか非常に丁寧だったので、これまでのメガネ屋から乗り換え確定です。年1回くらい定期検査来てくださいということだったので、夏コミの定番にしようと思います。

 3日目はスマプリを見てからのゆっくりスタート。都バスが東京駅から20分でビッグサイトに着くという天才的な仕事をして驚きました。20分で200円はりんかい線やゆりかもめより上じゃないですかね?
 二次創作とともに評論島も周りましたが、私自身も未熟ながら一つ思うところがありました。イラスト・漫画は誰でも書けるというわけにはいきませんが、日本語の文章は概ね誰でも書けますよね。その分評論のジャンルはサークル参加としての敷居は低いのではと思います。敷居が低いことがプラスになっていれば良いのですが、立ち読みさせてもらっても、どうもインターネット上にあるような情報を書いていたり、内輪ネタに走っていたりというサークルさんが目についてしまいました。私が立ち読みしたところがたまたまそうだったかもしれませんが。私も含めて評論サークル参加者は、かわいい女の子が載っている訳ではない本をお金を出して買ってもらうことを自覚しなければならないとは感じました。私も気を引き締めて第4号に臨みたいと思います。
 この日の飲み会では「生理厨」や「インテリDQN」という称号をいただき、普段からの活動の成果が現れたという感じでした。
 1つ面白かったエピソードとしては、私が幼い頃から視力が悪くて、クラスメイト(好きな女の子)のスク水姿を見えていなかったから、今スク水に興味ないという話をすると、完全同意者が1人と、だからこそ今スク水大好きな人が1人現れました。ホントに人それぞれですね。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。