スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔乳秘剣帖』は『聖痕のクェイサー』に勝てない。

2011年07月28日 00:41

結構挑戦的なタイトルを付けてしまいました。『魔乳秘剣帖』が好きな方、ごめんなさい。
おっぱいをテーマにしている、監督が同じ、『クェイサー』2期の放送直後ということもあり、クェイサーと比べられやすい『魔乳秘剣帖』ですが、2話まで見た限りではクェイサーほどは評価できないと感じました。

乳の大きさが女性の社会的地位の絶対とされていますが、身体的特徴により人が差別を受けるなんていう現象は歴史的にはごくごく当たり前で、その世の中を正そうとする者が主人公ということは、これはもはや「道徳アニメ」や「人権アニメ」に分類されるべきです。R-18なだけでフィクションの主題としてはそこまでおかしくないと思います。しかし、「巨乳は富であり絶対」と言いながら、どうやって乳が金を生むのかよく分かりません(社会的地位があがることによる高収入を指しているのか?)。実際巨乳の千房がお金に困ってますし。また、「貧乳は人にあらず」も貧乳の楓が普通に宿泊できている点も作風として杜撰です。ここは女将に「貧乳に泊まらせる宿なんてない」的に門前払いして欲しかった。でないと、「巨乳が幅を利かせる社会を正す」という物語の根底に影響するからで、実際2話まで見て、別に貧乳の人が困っている風には見えないわけです(特に楓が)。

一方、『クェイサー』は本来元素を用いたバトルアニメで、その中でクェイサーのエネルギー源として母乳=ソーマが用いられるという特徴を持っています。『魔乳秘剣帖』が乳がないと物語が成立しないのに対して、『クェイサー』は乳がなくても普通のバトルとしてはとりあえずは成立します。にも関わらず、おっぱいを吸うと強くなるという設定が、クソアニメとして賞賛されている理由だと思います。

『魔乳秘剣帖』が今後どのような展開になるのかはわかりませんが、そもそも設定の段階で『クェイサー』ほどぶっ飛んでいないと感じているうえに、現状の表現も非常に中途半端なので、せめて貧乳差別くらいは明確に打ち出して欲しいと感じる今日この頃です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://spiralstarrysky2.blog9.fc2.com/tb.php/181-4235e19f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。