スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゆるゆり』の面白さ

2011年08月23日 23:12

 今期のアニメも中盤まで来ましたが、みなさんの一押しは何でしょうか? 『ピングドラム』『夏目友人帳』『うさぎドロップ』なども人気ですが、私は『ゆるゆり』が最も面白いと思っています。
 (正確な定義は難しいですが)私はいわゆる日常系アニメの類が苦手でして、見ないことも多いですし、見ても世間の人気ほどははまらないことが多かったんです。最近でも『日常』や『Aチャンネル』はあまり食指が動きませんでした。

 でも、『ゆるゆり』にはこれでもかと言うくらいはまってしまいました。多くの日常系アニメと異なり、「ギャグが成立している」という点が挙げられると思います。あかりが主人公なのに非常に扱いが悪いところや、ちなつちゃんが黒いところなんかが基本的なところですね。(そういう意味では『ゆるゆり』は日常系アニメではないのかもしれませんが)
 特に、オープニングのあかりの「ゆるゆり、はっじまるよー!」が、1回目で頭しか映らないミス、2回目でカメラさんが思わずUFOを映してしまうミスをやっておいて、3回目であかりがUFOがないことと、カメラさんに確認を取っていると尺が足りなくなってまたしても全うに宣言ができていないというのは、1話のあかりの不遇キャラの特徴付けと相まって笑える演出になっています。「もしかして毎週違うパターンを用意しているの?」というこちらの期待にも応えてくれています。以前から同じCMの繰り返しが嫌いでして、「見た目同じだけど微妙に違うCMを同時期にいくつか流せば話題になるのに」と思っていたことがあります。そのような発想自体は私以外にも思いつく人はたくさんいるでしょうが、現実にはありません。おそらく言うのは簡単でもやるのは面倒だからでしょう。『ゆるゆり』のあかりの挨拶シーンも、毎週違うようにすると言うのは簡単でも、実際にやってしまうスタッフには敬意を表さずにはいられません。

 日常系アニメが好きな人はあまり大きな内容がなくても女の子が可愛ければいいということを理由として挙げる場合が多い気がするのですが、私は内容のあるアニメでもアニメの女の子はほぼ100%可愛いので、それならば内容ある方が好きという発想から日常系アニメが苦手な感じになっています。(あくまで個人の意見ですよ)
 これからも『ゆるゆり』のように一見すると既存の日常系アニメのようで実は内容が充実しているアニメが増えて欲しいと思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://spiralstarrysky2.blog9.fc2.com/tb.php/195-6dc2a953
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。