スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作厨から見る『神様のメモ帳』10話感想

2011年09月11日 17:28

 昨日、今日と私なんかの弱小ブログが急にアクセス数が伸びていまいて、多くの方が「神様のメモ帳 彩夏 ネタバレ」という検索でたどり着いておられました。意外と神メモのネタバレ書いている人がいないみたいですね(ちなみに「エンジェル・フィックス ネタバレ」でgoogle検索すると1番手がwikipediaで、2番目がうちです)。せっかくなので10話に少し触れておきます。

 7月13日の日記でエンジェル・フィックス編は薬物を扱うのでアニメではカットするのではないかと書きましたが、今週の10話からというかなり変則的な放送順となりましたね。まずは予想が外れたことをお詫び申し上げます。
 アニメだけ見ている方にはラストは衝撃的だったのではないでしょうか? ポイントは「なぜ彩夏は園芸部の大切な場所であった学校の屋上から飛び降りたのか?」ということです。原作を読めば分かるのですが、今回はネタバレなしということにしてみます。アニメのみの方はそこに注目して見ていただけると良いのではと思います。10話は衝撃的なラストでしたが次回や最終回も(原作通りなら)単なる脅かしではなくて、薬物を取り巻く裏の世界が描かれます。
 原作を知っていても彩夏の飛び降りはやや衝撃的でした。10話では途中で喧嘩っぽくなったとはいえ、ナルミと彩夏がかなりいい感じだった(男女の仲的な意味で)と思うからです。原作ではこの話は1巻なので、ナルミと彩夏の関係もまだまだでしたが、アニメではライブイベントの外回りまで彩夏がやっていたり、(元々は2大ヒロインの彩夏の出番を増やそうとしただけで狙ってはやっていない可能性が高そうですが)彩夏の飛び降りに対する衝撃度は原作より大きかった気がしました。

 わざわざ放送順を原作と変えたということがわかったので、(おそらく彩夏は目を覚ますんでしょうが)見事な最終回にして欲しいとスタッフの方には期待しています。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://spiralstarrysky2.blog9.fc2.com/tb.php/219-a6610178
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。