スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏アニメ感想 part2 バカとテストと召喚獣 異国迷路のクロワーゼ 怪盗天使ツインエンジェル 魔乳秘剣帖

2011年10月02日 22:54

 夏アニメ感想第2弾。といってもこれで終わりですが。2クールで見ている『ピングドラム』と『アイマス』は秋終了時に書きます。
 全体評価は駄→やや駄→並→やや良→良の5段階ですが良の上に神もあります(神の基準は年間最高レベル)。

◆バカとテストと召喚獣
総合評価:やや駄
個別コメント「題材ゆえの頭打ちか」
 バカテスといえば、試験召喚戦争と登場人物のラブコメで成り立っていますが、どちらも話を膨らませる余地がもともと少ないんですよね。狭い学校で毎回同じルールで戦わなければならない、お約束として登場人物の中でカップルは成立しないという制約が大きいと思います。結果的に何が起こるかというと、ワンパターンになってしまうんです。前者では試験召喚戦争と何かを組み合わせて毎回なんとかしていると印象、後者も明久が驚きの鈍さ→勘違い、明久・雄二が他の女の子にフラフラ→お仕置きフルコースという印象が否めません。あと美春暴走もあったか。いっその事明久が姫路さんか美波かどっちかと付き合ってしまえば面白いんでしょうが、まぁ無理ですね。
 原作も最新刊以外は読んでいますが、原作もそろそろ厳しいと感じていました。編集サイドからすると人気作を終わらせたくないのは分かりますが、きれいに最終回を迎えるのは大事なのかもしれません。秋アニメでは『ベン・トー』が同じく狭い世界での話なので(原作読んでいないのでわかりませんが)大丈夫かなという思いがありますね。
 8話や11話が良かったのは言わずもがなですが、それ以外がちょっと・・・という感じです。超個人的な感想を述べると12話で三上さんが出てきてテンションが上がりまくりました。1期で中林とクラスをまとめていたり、Fクラスに対する言動から若干強気なタイプだけど男の子耐性ゼロという脳内設定をしていたのですが、まさか平賀とくっつくとは・・・


◆異国迷路のクロワーゼ
総合評価:並
個別コメント「湯音の初潮はいつですか?」
 概ねこれの通りです。結構評価しているように見えて「並」評価止まりなのは、最終回まで見て少し同じような話が多かったかなぁという印象があったからです。超速で話が進んでしまうよりはよっぽど良いのですが、もう少し話にメリハリが欲しかったかなと思います。ギャルリの店を話の中心に置きたかったのはわかるのですが、たとえ1クールでもやや間延びしてしまいました(多くのアニメで水着回などが入れられるように間延びしてしまうのが普通だと思います)。


◆怪盗天使ツインエンジェル
総合評価:評価不能(クソアニ)
個別コメント「やはりパチンコアニメだったか」
 冬に『Rio』がクソアニの金字塔を打ちたて、春に『戦国乙女』がクールNo.1に輝いて、今年はパチンコアニメに注目せざるを得ない状況でした。そんな中クソアニか神アニメかはたまたただの駄作に転ぶかが非常に気になっていましたが、結論としてはクソアニじゃないですかね。
 突っ込みどころの多さにかけては今期どころかアニメ史全体でもかなり上位じゃないですかね。顔丸出しなのに正体がばれないという暗黙の了解は突っ込まないにしても、セブンアミュレットを守るためだけでなく、ただのコソ泥レベルにまで出動したり、変身後に変身前の名前で呼び合ったり、そもそもツインなのに3人だったり。
 内容は非常にアレで夏コミの時点で「予想外の展開だからと言って面白いとは限らない」などと議論していました。それでも結局切らずに最後まで見ましたし、特に最終回に至ってはシリアス展開にしようとしているはずなのに、ミスティナイトが爆発から生還した理由が「我慢したからさ!」などあまりの展開に思わず失笑が出てしまいました。今期のアニメの中ではかなり笑った方です。
 『シンシアニメ』で私はクソアニとは出来は悪いが一貫しているものがある(exクェイサーなど)という話をして、しかし『Rio』はそれに当てはまらないかもしれないと言っていました。おそらく『Rio』は杜撰さが一貫しているのではないかと『ツインエンジェル』を見て感じました。『Rio』ほどではなかったことが災いし、あまり語っておられる方がいなくて残念ですが、十分クソアニたるアニメだと思いました。反省会があればまた語りたいですね。


◆魔乳秘剣帖
総合評価:並
個別コメント「もっと突き抜けて欲しかった」
 クェイサー>魔乳秘剣帖という話を書いてみたんですが、最終的にそのままでした。検乳などの用語も若干出落ち感がありました。1クールだったこともあり、若干世界観が伝わってなかったのかもしれませんね。やはり、話の根幹とも言える乳に関するものごとに対して登場人物(主に千房と楓)が我々視聴者と同じリアクション(あほらしいという感じ)をしてはいけないと思うんですよね。当たり前というリアクションをするか、千房が「こんなものは間違っている」とブチギレて検乳を妨害するとか差別されている貧乳の人を助けるとか、もっとそういう話を見たかったですね。追われてバトルするシーン以外は金がなくてバイトしたり、海女さんの世話になったり、なんかね旅路が楽しそうで効き感が足りないんですよ。
 地上波で毎週乳が出てくれば当然話題になります。面白くないわけではなかったのですが、もっと世界観を全面に押し出して欲しかった作品でした。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://spiralstarrysky2.blog9.fc2.com/tb.php/244-56d56136
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。