スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さんかれあ』れあの生理問題:閉経系ヒロインの魅力

2012年05月02日 21:11

 「閉経系ヒロイン」という、読者の方には全く聞いたことのない言葉だと思います。これは若いながらも無月経が長期間続いて、閉経まで到達していることが予想されるキャラクターであり、『神様のメモ帳』のアリスによってその概念に気付かされました。その後も特にアリス以外のキャラクターに無月経になってそうなキャラがそうそういなかったので、特に取り上げませんでした。

 今期、『さんかれあ』のれあちゃんはまさしく閉経系ヒロインではいかと推察されます。一部、ゾンビ化したから生理は止まると考えていらっしゃる方もいるようですが、ここは敢えて、ゾンビ化の前から生理が止まっているという新説(←もし私より先に思いついた方がいればご連絡ください。「新説」の部分を撤回します)を提唱してみたいと思います。

 ポイントはれあの親父です。4話まで見て得られた親父の特徴は主に次の3つでしょう。
1.とにかくれあ命
2.幼少の頃かられあに近づく者(自分ちのメイドでさえ)徹底的に排除する
3.れあに触るとき以外は基本手袋をしている潔癖症
この条件下でれあに初潮が来たことを想像してみましょう。

 れあとちょっと遊んだだけでメイドさんはクビになるくらいですから、れあの生理の世話をしたメイドさんはその場で殺されたかもしれません。では、親父が自らやったのか? という考えについては3.の潔癖症により棄却されます。私は潔癖症どころかアンチ潔癖症くらいですので、潔癖症の方の気持ちは正確には分かりかねますが、恐らく親父は自分に生理が来ないことも相まって、月経の血液をすごく不潔・不浄のものとして認識している可能性が高いと思われます。「れあの体内から不潔なものが出てくるわけがない」と何かのラノベのタイトルが如く、止めようとするのが自然かと思われます。最もありそうなパターンでは、れあに生理ではなく別の病気に罹ったと嘘をつき、それを治す薬と偽って生理を止める薬を飲ませる(飲ませ続ける)という辺りでしょうか。
 3話で親父が、執事に主人公を去勢しておけと言ったので、れあに不妊手術を施して生理を止めていることはなさそうです。ここは、写真に毎年収めるほどのれあへの愛情が上回って、メスをいれるのを嫌がったか、将来的にれあに自分のこどもを産まそうとしているかのどちらかでしょう。


 以上のように実に論理的にゾンビ化の前かられあの生理が止まっていることが示されました。正確には「無月経」と「閉経」は異なりますが、語呂の都合上、閉経系ヒロインとさせて頂きます。

 ついにメンバーが2人になった「閉経系ヒロイン」の魅力とは何でしょうか? これについてはPeace先生提唱の「老女萌え」を参考にすると分かりやすいと思います。老女萌えには次の4つの特徴が示されています(リンク先引用)。
1.身体能力の低下(青少年や成人と比べて身体能力で劣る)
2.言語感覚のズレ(使う言葉/使える言葉に差異がある)
3.被保護者、社会的弱者であること(庇護欲をそそられる)
4.生理がない(中出しオッケー)

 閉経系ヒロインにもあてはまるのは3.と4.ですね。3.はとにかく、若くして閉経するというのは不健康の証左ですので、つい看病してあげたくなります。彩夏がアリスの世話をやたらとしたがるのも当然と言えるでしょう。4.については老女萌えをも遥かに凌駕します。閉経した老女と、閉経が確実視されるアリスやれあ、どちらに中出ししたいでしょうか?

 今後もアニメキャラの健康には目を光らせ、閉経系ヒロインを見つけていきたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://spiralstarrysky2.blog9.fc2.com/tb.php/289-2d6a198d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。