スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『じょしらく』から見る肌質と体毛+陰毛論(9/12追記)

2012年09月01日 21:41

 『じょしらく』第5席の「眼鏡別れ」では、丸京の卒業のインパクトの影に隠れて、非常にシンシ的もといシュクジョ的なトークが繰り広げられていたことにみなさんお気付きでしょうか?
 肌質の話になり、きぐがモチ肌、手寅が乾燥肌、苦来がサメ肌であることが明かされました。きぐはともかく、手寅と苦来は肌に問題を抱えているということです。

 ここで私の体験談を少々。私は子どもの時アトピーでして、今でも日常生活に問題はないものの完全に治ったわけではなく、夏場は汗、冬場は乾燥のおかげで非常に体がかゆく、皮膚科にもちょいちょい行きます。
 私のような肌弱の人間にとっては、本来肌を守るためにあるはずの体毛が邪魔になります。汗が溜まってその部分がかゆくなるんですよね。毛を剃ればいいのではと思ったそこのあなた、残念ながら剃ったほうがひどくなります。何年か前に、胸毛の部分に汗が溜まってかゆくなるのが嫌で、胸毛を剃ったんですね。すると、生え始めのチクチクが剃る前の何倍もかゆいという悲劇が起こり、髭以外の体毛は一生剃らないと心に誓いました。

 少し長くなってしまいましたが、つまり、手寅と苦来は体毛を処理するとその部分が非常にかゆくなるはずなんです。『じょしらく』のOPでは海辺で水着を着ているカットがあり、手寅はビキニ、苦来はワンピースで形状は特別腋やデリケートゾーンを覆うものではなく一般的なものです。特に毛の描写は確認できず、十中八九、腋とデリケートゾーンの毛は処理しているはずです(特に苦来は左腋全開してますし)。

結論1:手寅と苦来は水着を着る、あるいは着た後しばらくは腋やデリケートゾーンのかゆみを我慢している可能性が高い。あるいは人がみていないところではかいている。
結論2:かゆくなるため夏場以外は毛の処理をしていない可能性もある。

 以上、肌質と体毛のお話でした・・・が、追記します。(9月12日)


 先日、図書館で性教育の本を漁っていました。ヒステリックな紋切型に若者の性が危ないって言ってる本があり、非シンシ的で残念でしたね。特に、男がAVなどに影響されて、彼女に陰毛を剃るようにお願いしている件に触れ、本来性器を保護する陰毛を剃るなんて性乱れすぎ(大意)みたいなことが書いてあるの部分を読んだ時には、図書館の中にも関わらず思わず「待った!」と言いそうになりました。
 Google先生と生徒数世界一を争うwikipedia先生によると、陰毛の明確な存在理由は未だ不明です。陰毛は本当に性器の保護のためにあるのでしょうか? 私はすごく疑問に感じています。その理由は以下の4つです。

理由1:男性器は胴体から飛び出した位置にあり(精子が活動しやすい温度が体温より低く、精子を空冷するため)非常に危険な状態で陰毛ごときで保護できない。
理由2:男女とも陰毛がよく生えている部分と最もデリケートな部分がずれている。
理由3:将来性器を使う子どもに陰毛が生えていない、子どもを作る年齢を超えた老人の陰毛が抜けない理由が説明できない。
理由4:そもそも体毛は(料理に髪の毛が入っているとクレームになるように)非衛生的ではないのか?

 私は陰毛の存在理由はまず間違いなく、陰毛によって汗が溜まるようにし、性器周辺から発せられたフェロモンを増幅させるためだと思っています。腋毛も全く同様の理由ですね。
 現代人は肉食により(増幅させなくても)汗自体が臭くなっていること、モンゴロイドはアポクリン腺の汗の臭いが苦手であることからむしろ陰毛は剃るべきなのではないのか? と私は考えています。ただ、じょしらくの話で書いた通り、肌が弱い人は剃らないほうが良いでしょう。

 若者の性が危ないとドヤ顔で本書いている連中がこの程度なので、日本の性教育はお先真っ暗ですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://spiralstarrysky2.blog9.fc2.com/tb.php/298-eea1dd9b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。