スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃文庫秋の祭典レポ

2012年10月08日 10:10


電撃文庫秋の祭典に行って参りました。
桐乃がセンターポジション
一昨年以来2度目の参加です。前回はシャナ禁書目録超電磁砲のライブに行ったので、その前哨戦に。今回はサイン会当たりました! 『さくら荘のペットな彼女』の鴨志田一先生と溝口ケージ先生です。

まずは、サイン会の時間まで会場の展示などを見て回る。「展示」というとしょぼそうに思っていた部分もありましたが、美術館みたいにちゃんとイラストが展示されていたので、満足でした。やっぱりアニメも芸術の1つです。印象に残ったのは、竹宮ゆゆこ先生のコメント(撮影禁止だったので不正確かも)

「あなたが履いているのは本当にパンツですか?そう言い切れますか?」

サイン会の会場へ。本物は初めて見ましたが、鴨志田先生は細身の長身の眼鏡っ子、溝口先生は通販番組とかでおじみの芸人・やのぱんから芸人成分を抜いた感じでした。とりあえず大阪から来たことを取っ掛かりに、私がななみんを愛していることを話しましたね。サインをもらう時にお二人と握手もさせてもらったのですが、男性相手に握手してドキドキしたのは生まれて初めてでした(笑)
サイン


その後は物販に並んで、公式海賊本『パンチラバーズ しましまフレンズ』を購入したり、会場にいるコスプレスタッフの方を撮影したり、『さくら荘のペットな彼女』の第1話先行上映を見たりしました。
先行上映では、岡田麿里脚本なので、例の「射精は第1話で使う」理論に基いてどこに射精が描写されるかを期待していたら、あっさり出てきました。さすがです。あとは、ずっと七海派だったのに、アニメの千尋ちゃんが可愛いと思ってしまいました。

さらにイベント後はまどかの映画を見に行ったりして、かなり充実の休日でした。
最後に、仕事をこなしつつ、笑顔で撮影に応じてくれたありがたいスタッフの方々のコスプレ写真を載せておきます。タイガーが一番レベル高いかな。個人的に連絡先を聞きたかったのはシャナ。

高坂桐乃
御坂美琴
インデックス
シャナ
逢坂大河
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://spiralstarrysky2.blog9.fc2.com/tb.php/301-61a3e622
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。